本文へ移動

インプラント治療とは

インプラント治療とは

“第三の歯”とも呼ばれるインプラント治療は、天然の歯と同様の見た目とかむ力を回復できる歯科治療法として関心が高まっております。インプラント治療とは、顎の骨に埋め込んだチタン製のインプラント(人工歯根)を歯の根の代わりとして欠損部分を補う歯科治療です。

歯が抜けたままにしておくといけないの?

歯や歯周辺組織はつねに変化しており、歯は、互いに支え合って生えていますので、1本でも失ってしまうと歯並び全体のバランスが崩れてしまいます。歯のない状態が長く続くと、歯のない部分に向かって両隣の歯が倒れてきてしまいます。またかみ合うことで上下の歯が安定しているため、失った歯の反対側の歯(失ったのが下の歯であれば、上の歯)も伸びて抜けてきてしまいます。

歯が抜けたままにしておくと、両隣の歯が倒れて抜けてしまいます

歯が倒れたり伸びたりすることで生じる歯並びの乱れはお顔の変形や骨格の歪みを誘発し、顎関節症や肩こり・腰痛の原因となったり、最悪の場合、背骨が曲がって歩行困難となることもあります。
歯を失った日から全ての歯が移動を始めます。できるだけ早く人工の歯を入れる治療を受けられることをおすすめ致します。

インプラント治療の種類

インプラント治療は、患者様の症状に合わせた適切な処置を行う必要があります。
当院では、CTなどの事前の検査で患者様のお口の中の状態を正確に把握し、最も適した治療法のご提案を行っております。他の歯科医院で、「インプラント治療は難しい」と言われた患者様も、一度、当院にご相談ください。

骨の量が少なくてもできるインプラント治療

「骨が少ないからインプラントが出来ないと言われた」と言うご相談が多く寄せられています。確かに顎の骨の量が不足していると、インプラントを埋め込むことができません。しかし、骨の量が足りない場合でも、自分の骨または人工骨で骨の量を補ってあげることにより、インプラント治療を可能にすることができるのです。

骨誘導再生法(GBR法) 骨移植 上顎洞底挙上術(ソケットリフト法) 等

短期間で終わる即時治療

当院のインプラント治療なら、即日~3ヶ月程度という超短期間で終了することも可能です。
インプラント治療は、チタン製のインプラント(人工歯根)を顎の骨に埋め込みますので、一般的には、インプラントと骨が結合するのを待つ期間を含めて約1年を要することもあります。熟練した治療医師にしか出来ない特別なテクニックを使用すれば、インプラント治療の期間を大幅に軽減することができます。

抜歯即日インプラント テンポラリーインプラント
●診療科目
・一般診療 ・小児歯科診療
・審美歯科診療 ・予防歯科診療
 
●診療時間
診療時間
 
●診療時間
・午前/9:30~13:30
(最終受付12:30)
・午後/15:00~19:00
(最終受付18:00)

※木曜午後は17:30まで
(最終受付16:30)
(第三木曜日は院内研修のため、全日または午後からお休みを頂いております。)
※土曜午後は14:30~16:30まで
(最終受付15:30)

【日・祝日】休診

※臨時休診日はホームページでお知らせいたします。

診療は予約制となっております。 
0
3
2
4
4
7
TOPへ戻る