本文へ移動

オガインプラントって何?

OGAインプラント

OGAインプラントとは

1958年フランスでシェルシェブ博士によって考案されたインプラントを、1992年に小笠原久明先生が日本人の為に改良されて以来、日本国内で5万本超の実績を誇る特許インプラントです。

OGAインプラントの特徴

手術による患者さんの身体的負担が軽い (歯肉剥離、切開などの外科処置が最小限で、手術が短時間で済む)。

手術後に腫れや痛みが少ない。

手術と同時に仮の歯が入るため、手術当日の食事が可能。

インプラント体が一体型のため、炎症や感染に強く、歯石の影響を受けにくく、インプラント周囲炎になりにくい。

他のインプラントに比べて費用が安価。

OGAインプラントは一体型でありながら、植立方向の微調整が可能なため、骨の幅や高さ、硬さなどといった個々の患者さんの口腔内状況に合わせた対応が容易。

OGAインプラント治療の流れ

1.診断と治療計画
OGAインプラントには、改良型ネオスパイラルモデル、TOPモデル、シンクレストモデルがあり,
最適なモデルを選択します。

2.インプラント手術

3.治療期間  上顎  3ヶ月~6ヶ月    
                 下顎  2ヶ月~3ヶ月
4.かぶせ物の装着

5.メインテナンス(おおよそ3~4ヶ月ごと)

OGAインプラント手術の実績数

年間埋入数       約150本
実績年数            34年
実績総数       約5000本
●診療科目
・一般診療 ・小児歯科診療
・審美歯科診療 ・予防歯科診療
 
●診療時間
診療時間
 
●診療時間
・午前/9:30~13:30
(最終受付12:30)
・午後/15:00~19:00
(最終受付18:00)

※木曜午後は17:30まで
(最終受付16:30)
(第三木曜日は院内研修のため、全日または午後からお休みを頂いております。)
※土曜午後は14:30~16:30まで
(最終受付15:30)

【日・祝日】休診

※臨時休診日はホームページでお知らせいたします。

診療は予約制となっております。 
0
5
8
9
2
8
TOPへ戻る