本文へ移動

義歯

義歯について

レジン床義歯【保険適用】

歯科用のアクリル樹脂を主に使用して作られた入れ歯です。
部分入れ歯はクラスプと呼ばれる金属のツメで残っている歯に引っ掛けて固定します。
強度の為にある程度の厚さが必要になります。
保険適用の入れ歯です。
レジン床義歯

ノンクラスプデンチャー(キレイデス)【保険適用外】

新素材のスーパーポリアミド樹脂を使用した、見た目の良い入れ歯です。
金属のツメがないので、保険の入れ歯に比べて見た目が良いことに加え、金属のツメに比べて締めつける感じがなく、着け外しの際に残っている歯にかかる力も緩和されるので、残った歯にも優しい入れ歯です。

金属バネがない新しい部分入れ歯『キレイデス』の特徴

金属バネがなく透明感がある特殊樹脂を使っているので入れ歯とわかりにくく自然な口元へ。
薄くて軽いので、しゃべりやすい。
特殊樹脂で可能な限り薄さと軽さを実現しています。
隣り合う歯との隙間がほとんどなく、歯茎とぴったりと合うので食べ物が挟まりにくく美味しく食事ができます。
土台の特殊な樹脂は色ぬけ・変色しません。
患者様のお口の状態に合わせて色々な形で作れます。

今までにない装着感と見た目で、より明るく素敵な笑顔になっていただけると思います

ノンクラスプデンチャー(キレイデス)のリスク・副作用

・自費診療となります。
・柔軟性の高い素材のため、2~3年程で新しいものを作り直していただくか、修理する場合があります。
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー(キレイデス)の費用について

77,000円~220,000円(税込)
※金額は本数等により変動します。詳しくはお見積りにてご案内させていただきます。

金属床義歯【保険適用外】

保険の入れ歯より、レジンの部分を可能な限り金属に置き換えた入れ歯です。
部分入れ歯はクラスプと呼ばれる金属ツメで残っている他の歯に引っ掛けて固定します。

レジン床より薄くでき、食べ物の熱さや、冷たさをよく伝えることができます。
また、使用する金属の種類により、異なった特徴があります。
・コバルト床
・ゴールド床
・チタン床

金属床義歯
金属床義歯
●診療科目
・一般診療 ・小児歯科診療
・審美歯科診療 ・予防歯科診療
 
●診療時間
診療時間
 
●診療時間
・午前/9:30~13:30
(最終受付12:30)
・午後/15:00~19:00
(最終受付18:00)

※木曜午後は17:00まで
(最終受付16:00)
(第三木曜日は院内研修のため、全日または午後からお休みを頂いております。)
※土曜午後は14:30~16:30まで
(最終受付15:30)

【日・祝日】休診

※臨時休診日はホームページでお知らせいたします。

診療は予約制となっております。 
1
0
6
1
6
9
TOPへ戻る