本文へ移動

インプラントはどのくらいもつの?

適切な治療を受ければ、インプラントは通常10数年以上もつことが一般的です

現在の骨と結合させる方式のインプラントは、スウェーデンのブローネマルク博士によって1965年に初めて臨床応用されました。このインプラントは、その後約40年、患者様がお亡くなりになるまで機能していました。
そして、現在当医院で使用しているインプラントは骨としっかりくっつく純チタン製ですので、生着率(インプラントが体になじんで本来の働きをする割合)も飛躍的に向上しています。下の表はインプラントの生着率の臨床報告です。5年または10年経過した時点で95%以上の生着率がほとんどです。このように、適切な治療を受ければインプラントが長くもつことは、証明されているのです。

インプラントの生着率(2000年日本歯科補綴学会誌より)

報告者
観察本数
観察年時
生着率
Henri
(1996)
74本
5年経過時
96.6%
T.Wilson
(1998)
105本
5年経過時
98.1%
Priest
(1999)
116本
5年経過時
97.4%
Scholandr
(1999)
259本
10年経過時
98.5%
Schelle
(1999)
104本
5年経過時
95.9%
●診療科目
・一般診療 ・小児歯科診療
・審美歯科診療 ・予防歯科診療
 
●診療時間
診療時間
 
●診療時間
・午前/9:30~13:30
(最終受付12:30)
・午後/15:00~19:00
(最終受付18:00)

※木曜午後は17:30まで
(最終受付16:30)
(第三木曜日は院内研修のため、全日または午後からお休みを頂いております。)
※土曜午後は14:30~16:30まで
(最終受付15:30)

【日・祝日】休診

※臨時休診日はホームページでお知らせいたします。

診療は予約制となっております。 
0
4
6
6
5
2
TOPへ戻る