本文へ移動

抜歯即時インプラント治療

抜歯即時インプラント治療の流れ

1.抜歯

歯冠(歯肉から上の部分)がなくなり、歯根のみが残っていたケースです。
最初に抜歯をして、残っていた歯根を取り除きました。

2.インプラント埋入(一次オペ)

抜歯と同時にインプラントを埋入し、必要があれば骨がない部分に骨補填材を入れます。
通常であれば、抜歯をした部位の骨が回復してから再びドリルで穴を開けてインプラントを埋入しますが、抜歯即時インプラントは抜歯のあとを利用してインプラントを埋入しますので、抜歯痕がインプラントの直径より大きい場合などでは、骨がない部分ができることがございます。
そういった隙間を、骨補填材で補います。
縫合したら、一次オペは完了です。
インプラントと骨が結合するまで、約3ヵ月待ちます。

3.土台の取り付け(二次オペ)

インプラントと骨が充分に結合したら、二次オペを行います。
インプラントの上部にセラミック歯(上部構造体)を装着するための土台を取り付け、仮歯をお作りします。

4.セラミック歯の装着

調整を繰り返した仮歯を元にして、上部構造体のセラミック歯をお作りし、土台に装着します。

抜歯即時インプラント治療の利点・欠点

抜歯即時インプラント治療の利点

治療期間を大幅に短縮できます。

抜歯をした当日にインプラント埋入手術も行いますので、抜歯後に骨が回復するのを待つための時間を省略することができます。通院の回数も減らすことができますので、お仕事などでお忙しく、通院時間がなかなか取れない方でも気軽にインプラント治療を受けていただけます。

抜歯即時インプラント治療の欠点

お選びいただけるインプラントが限られます。

骨や患者様の状態により抜歯即時インプラントを行えない場合があります。
抜歯即時インプラントは高い技術を要しますので、一般的なインプラントより高価になりますので、治療費が高くなってしまいます。
●診療科目
・一般診療 ・小児歯科診療
・審美歯科診療 ・予防歯科診療
 
●診療時間
診療時間
 
●診療時間
・午前/9:30~13:30
(最終受付12:30)
・午後/15:00~19:00
(最終受付18:00)

※木曜午後は17:30まで
(最終受付16:30)
(第三木曜日は院内研修のため、全日または午後からお休みを頂いております。)
※土曜午後は14:30~16:30まで
(最終受付15:30)

【日・祝日】休診

※臨時休診日はホームページでお知らせいたします。

診療は予約制となっております。 
0
3
2
4
4
7
TOPへ戻る